ナヨナヨ声も今やバンドの味、それはここから始まった♪GAMMA RAYの「LAND OF THE FREE」


【ARTIST】 GAMMA RAY
【ALBUM】LAND OF THE FREE

1. REBELLION IN DREAMLAND
2. MAN ON A MISSION
3. FAIRYTALE
4. ALL OF THE DAMNED
5. RISING OF THE DAMNED
6. GODS OF DELIVERANCE
7. FAREWELL
8. SALVATION’S CALLING
9. LAND OF THE FREE
10. LAND OF THE FREE
11. ABYSS OF THE VOID
12. TIME TO BREAK FREE
13. AFTERLIFE

元HELLOWEENのカイ・ハンセン率いるドイツ出身のパワーメタルバンド。1995年に発売された4枚目のアルバム。専任シンガーのラルフ・シーパーズ(現PRIMAL FEAR)が脱退?というか、クビとなり、カイ・ハンセンがヴォーカルを兼任。ラルフ・シーパーズのパワフルな歌唱力には及ばない、弱弱しいカイ・ハンセンの歌声だが、専任シンガーがいなくなり吹っ切れたのか、1~3枚目よりもさらにドラマティックになった曲の数々が、その歌唱力の弱さを十分に打ち消している。12曲目の「TIME TO BREAK FREE」には長い間ヘヴィメタルの一線から身を引いていた元HELLOWEENのマイケル・キスクがゲスト参加。カイ・ハンセンとヴォーカルの掛け合いを披露している。